片岡愛之助がカーネイジ吹替!尾上松也はヴェノム?中村獅童とのバトルに期待

367

ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ」の日本語吹替版特別試写会イベントが本日11月25日に東京?TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催。片岡愛之助がヴィランのカーネイジの吹替キャストを務めることが発表された。

カーネイジをイメージしたスーツ姿で登壇した片岡愛之助。

カーネイジをイメージしたスーツ姿で登壇した片岡愛之助。

大きなサイズで見る(全11件)

「ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ」ポスタービジュアル

「ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ」ポスタービジュアル[拡大]

スパイダーマンの宿敵ヴェノムを主人公に、連続殺人鬼クレタスの狂気を取り込んで覚醒したカーネイジによる大殺戮を描いた本作。2018年公開の前作に引き続き、吹替版では諏訪部順一が主人公エディ?ブロック、中川翔子がエディの元婚約者アン?ウェイングに声を当てている。この日は愛之助、諏訪部、中川に加え、映画の公式アンバサダーを務める尾上松也がMCとして登壇した。

諏訪部順一

諏訪部順一[拡大]

中川は「何を言ってもネタバレになっちゃう」と期待をあおりつつ「ヴェノムのかわいさ大爆発でしたね! ヴェノムとエディがこんなこともあんなこともしてくれて。仲良しを超えるイチャイチャ」と満面の笑みを浮かべる。1作目からさらにヴェノムとエディのタッグとしての魅力が増しているようで、諏訪部も「前作以上のバディ感、どつき漫才のような掛け合いがありますね。私と(中村)獅童さんがだんだんと盛り上がっていきます」と、ヴェノム役の中村獅童との再タッグに充実の表情を見せた。

MCを務めた尾上松也。

MCを務めた尾上松也。[拡大]

中川翔子

中川翔子[拡大]

松也から前作と比較して意識したことを聞かれた2人。中川は「できれば“中川翔子味”を消したい」と音響監督に相談したそうで「選んでいただいてはいますが、芸能人の顔が浮かんじゃうのが絶対イヤだ!という意見もあるし難しいところ。地声より低い声を意識しました。アンのエディへの気持ちは前作以上に複雑。そのニュアンスや気が強いところは大事にしました」と続ける。一方の諏訪部はエディを演じたトム?ハーディの演技に言及しつつ「今回はコミカルな要素もすごく多い。吹替収録でよく言われたのは『かっこよくならないように』ということ。これまでタフガイや渋いイメージがあったと思うんですけど、今作ではコミカルさ、軽妙さ、ちょっとかっこ悪いところを表現したいという演出意図がありました。うかつにやるとかっこよくなってしまうので(笑)。『かっこよすぎるのでリテイクで』というのはありましたね」と明かした。

カーネイジをイメージしたスーツ姿で登壇した片岡愛之助。

カーネイジをイメージしたスーツ姿で登壇した片岡愛之助。[拡大]

続いてカーネイジの吹替キャストが発表される場面になると、全身カーネイジ仕様のスーツを着込んだ愛之助が「大殺戮だ!」と声を荒げて登場。「この格好でどんなテンションでしゃべればいいのか……」とぼやきつつ「すごく強くなった気分。このまま六本木を歩きたい」と胸を張る。誰が吹き替えているのか諏訪部もわからなかったほど作り込まれているという、愛之助のカーネイジ。愛之助はオファーを「マーベル作品が大好きなのでうれしかった」と喜びつつ、同じ歌舞伎役者である獅童との対決に意識が向いたという。松也は「(ヴェノムVSカーネイジは)獅童VS愛之助ってことですもんね。すごいことになった」とこのキャスティングに感嘆の声を漏らした。さらに愛之助は「ぜひカーネイジ歌舞伎をやってみたいですね。面白そうですし、実は歌舞伎になりやすそうな題材」と意欲を見せ、松也は「今回のヴェノムはだいぶかぶいてます」と映画の魅力を語った。なおイベントでは松也も声優として参加していることが明らかに。役柄は秘密のため本編で確認しよう。

アンディ?サーキスが監督を務めた「ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ」は12月3日より全国ロードショー。

この記事の画像?動画(全11件)

関連記事

片岡愛之助のほかの記事

関連商品

(c)2021 CTMG. (c)& TM 2021 MARVEL. All Rights Reserved.

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成?配信しています。 ヴェノム:レット?ゼア?ビー?カーネイジ / 片岡愛之助 / 諏訪部順一 / 中川翔子 / 尾上松也 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。